人気のアイクリームをランキング形式で紹介します

アイクリームの特徴は?美容クリームとの違い

2017/11/24

目元専用のアイクリームはドラッグストアや通販などでも多く見かけます。
目元は年齢が出やすい場所なので、買おうか悩んでいる人も多いと思います

 
ですがアイクリームではなく、通常のお肌につける美容クリームでは
駄目なのか、気になった人もいるのでは?

 
わざわざ買わずに顔のもので代用できるのであれば、コストもかからず便利です。
アイクリームにはどのような特徴があるのでしょうか。

 
顔につける保湿クリームは、目元を中心に塗っても全く問題ありません。
ちりめんジワや目の周りの乾燥くらいであれば、効果も実感できるでしょう。

 

印象が左右する目元にはしっかりと専用のクリームを

目元専用のアイクリームにも、美容クリームと同様に保湿成分が含まれています。

 
しかしアイクリームの特徴は、目元に出やすいシワやたるみ、クマなどの部分的な
悩みをカバーできる成分が含まれていること。

 
特にシワやたるみなどは、エイジング効果の期待できる有効成分が
含まれていないと、中々改善しないものです。

 
アイクリームはそれらの悩みに応じた成分が含まれています。

 
また顔の中でも目の周りの皮膚は薄いので、美容クリームでは油分が多すぎることも。
目はずっと瞬きをしたり、スマホで目を酷使するなど他よりも乾燥しやすい場所です。

 

アイクリームは顔の保湿にも使える?

アイクリームは油分はもちろんですが、水分量も考えた配合のアイテムが揃っています。

 
一見似通った成分が使われているクリームでも、配合の割合が違うため
全く異なったアプローチの仕方になります。

 
逆にアイクリームを顔全体に塗るのも、あまりおすすめしません。

 
アイクリームは量がそれほど入っていないのに、美容クリームと同じくらいの値段です。
そのため高濃度のものが多く、それを顔に塗るのは値段も釣り合わず、また過度な
栄養で肌の常在菌バランスが崩れる可能性も…。

 
アイクリームは薄い皮膚や、エイジングサインを考えて配合した成分が特徴のクリームです。
何でも美容効果が高い、成分割合が多いからどこに使っても良いというものではありません

 
できれば顔用と目元用をしっかりと使い分けたいところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です