人気のアイクリームをランキング形式で紹介します

目元のクマに効果的なアイクリームの成分

2017/12/12

クマがあると疲れて見えたり、寝不足など不健康に見られがちです。
何とかしたいクマにはアイクリームが効果的。
どのような成分がクマに働きかけるのか、効果的な成分を知っておくと便利でしょう。

 

血管が透けて見える青クマ

うっすら青く見えているクマは青グマと言って、
冷え性や血行不良によって血液が透けて見えるものです。

 
そのため青グマには血行を促進させる成分や、新陳代謝を促す成分がおすすめ。
細胞に直接働きかけて細胞を若返らせる幹細胞エキスや、疲労による
血行不良には肌の健康を促すビタミンC誘導体などが良いでしょう。

 

色素沈着の茶クマ

次にメイクなどの摩擦や紫外線、そして乾燥など、
色素沈着を起こしているクマを茶グマと言います。

 
いわばシミと同じようなもので、表皮にできている場合と
真皮にできてしまっているものもあります。

 
そのため乾燥を防ぐために、コラーゲンやヒアルロン酸、
セラミドなど保湿力が高いアイクリームを使用しましょう。

 
またできてしまっている色素沈着には、美白成分であるビタミンCやアルブチン、
トラネキサム酸などが含まれているとダブルの効果が狙えます。

加齢による黒クマ

実はクマにはその他にも加齢によって皮膚がたるみ、
影のようなクマができることがあります。

 
加齢によるクマは黒クマと呼ばれています。
そのため、たるんだ皮膚にしっかりとハリ感をもたらして
くれる成分と、保湿がメインで含まれているものがおすすめです。

 
中でもレチノールは肌にハリを取り戻すサポートをしてくれます。
またコラーゲンやエラスチンなど加齢で減少しやすい成分を補いましょう。
アンチエイジング効果の期待できる、幹細胞もおすすめ。

 
自分に合ったアイクリームを使用して、同時にマッサージなどを行うとより効果的です。
青クマは血行促進をするために目のマッサージをすると、目の疲労がとれて良いでしょう。

また目の周りの筋肉を鍛えることで、たるみを防ぐ事ができます。
顔の体操を行って黒クマを予防するのも効果的です。
目は年齢が出やすい場所なので、アイクリームと共に対策すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です